信州長野でサマーキャンプが多い理由

AME_IMG_6990_TP_V

サマーキャンプの地として長野県はとても人気が高いです。なぜでしょうか?
それは、長野県は関東からそれほど遠くないにもかかわらず、自然の素晴らしさを体験できる場所だからです。

長野県には、赤石山脈、木曽山脈、飛騨山脈の3つの山脈が連なっています。
そのため、標高が高く広い平地が多いのです。
高原地帯と呼ばれますが、そうしたところでは、夏でも涼しく避暑地として多くの人に利用されています。
ここでは、そうした自然豊かな長野を満喫できるキャンプを紹介します。

Sponsored Link

駒ヶ岳

木曽駒ヶ岳は長野県にそびえる標高2956mの中央アルプスの最高峰で、日本百名山のひとつ。
その麓でのびのびと野山で遊ぶことができるキャンプがあります。
川遊びや野外料理、キャンプファイヤーといったキャンプの王道はもちろんのこと、竹やわら細工、草木染めといった貴重な体験もできます。

山の大自然に囲まれた環境は、夏でも涼しく過ごしやすいですし、何より空気やお水もおいしいのが特徴です。
子どもたちにとっても環境は大事ですから、自然の中でのびのびと過ごし、学べる経験はとても大きいはずです。
「初心者であまり長い期間は心配。」という人は、1泊や2泊程度の短いプランがありますので、そちらがおすすめです。
慣れてきたら、期間が長いものに挑戦させるのもいいかもしれません。

Sponsored Link

乗鞍高原

飛騨山脈の南に位置する乗鞍高原は、夏は避暑地として、秋は登山、冬はスキーといった観光利用が盛んな地域です。
乗鞍岳から流出した溶岩によって形作られているため、東西に細長い地形です。
西端の最高所で1800m、東端の最低所でも1100mはあり、夏でも涼しく過ごすことができます。
自然が豊富で、多様な動植物が生息しています。
運が良ければ、特別天然記念物のニホンカモシカに会えるかもしれません。
キャンプのプログラムとしては、子どもたちに「生き抜く力」を身に着けさせることを目的とし、「忍者修行」と題して魚を捕まえたり木に登って昆虫観察等をするユニークなものがあります。

3026mの剣が峰を目指しての山歩きや星空の観察も子どもたちに大人気の企画です。
普段は、子どもたちも学校や塾で忙しいですが、たまの長期休みに星空を眺めて、宇宙に思いをはせるのもいいものです。

野尻湖

野尻湖は、長野県上水内郡信濃町にある湖で、ナウマンゾウの化石が出土するところとして知られ、発掘調査も行われています。
夏にはマリンスポーツも盛んで、遊覧船やレンタルボートの利用もでき、多くの人に愛されている避暑地のひとつでもあります。

そうした野尻湖の湖畔で行われる、「キャンプが初めて」という人向けのプログラムがあります。
湖での水遊びや、森の探検、野外料理を体験できます。
初めての体験をするときは誰でも緊張するものですが、周りのみんなも初めてなら少し安心しますよね。
美しい景色に囲まれてキャンプ体験をする中で、大切な友達をたくさんつくれるような最高の夏休みにしましょう。

以上、紹介したものは一例です。その年によってキャンプの内容には変動があります。
詳しくはサマーキャンプを開催しているサイト一覧にて確認してください。

サマーキャンプ一覧はこちら→

Sponsored Link